英単語を覚えたい6:知識は多い方が忘れにくい

【これで覚えられる!英単語学習法を徹底解説】

今回のポイント…覚えたいことは知識のネットワークを強化する



英単語を覚えたい1:九九は書いて覚えてはいない

英単語を覚えたい2:単語は1秒で思い出せ

英単語を覚えたい3:その付箋は本当に必要か

英単語を覚えたい4:復習はまず翌日に

英単語を覚えたい5:知識が勝手に増える条件

→英単語を覚えたい6:知識は多い方が忘れにくい

英単語を覚えたい7:使わない知識が役に立つ

英単語を覚えたい8:記憶はアウトプットせよ

英単語を覚えたい9:単語はイメージだ

英単語を覚えたい10:単語学習の三段階




  • マルオ:単語が覚えられない高校生

  • 先生:割と大事なことを忘れている気がする先生


マルオ:知識が増えていったら、それだけ抜けていくんじゃないっすか?



先生:ところがそれが逆なんだ


マルオ:逆!?


先生知識はたくさんある方が忘れにくい


マルオ:どういうことですか?


先生:たとえばそうだな…安倍首相の前の首相覚えてる??



マルオ:ああ、えーっと、誰でしたっけあの人? うーん、まだ小学生ぐらいだったし、期間も短かったし。 あんまり印象に残ってないんすよね。


先生:そう、そうなんだよ。 オレもぶっちゃけ千葉県出身ぐらいしか印象にない。



マルオ:はあ、千葉県なんすね。 で、なんて人なんですか?



先生:じゃあ、最初の首相は覚えてる?



マルオ:最初?? 最初って伊藤博文ですか?



先生:そう、伊藤さん。何覚えてる?


マルオ:なんか知り合いみたいに呼んでますけど、伊藤博文っていったら初代工部卿で初代首相、あと枢密院議長。首相はなんだかんだ4回やったんでしたっけ? 政友会初代総裁であと韓国統監もやって、最後はハルビンで暗殺されたんですよね。



先生:さすが!だいぶいろいろ知ってんじゃん。 そうするとあれだね、マルオ君は一つ前の首相は名前すら思い出せないのに、すんごい昔の首相は覚えているわけだ。


マルオ:うん…まあ、そうですね


先生:10年ぐらいたったらどう? 忘れる?伊藤さん。


マルオ:そうそう忘れないと思います。



先生:なぜ?


マルオ:!!?


先生:それはマルオ君が伊藤さんについての知識をたくさん持っているからじゃないか。



マルオ:たしかに…!


先生:逆に前の首相は結局のところ、知識があんまりないわけだよね。 だから10年もたったら、まあ間違いなく忘れる。「あー、だれだっけ? あの、千葉の人」


マルオ:なんでそこだけ覚えてるんですか。で、誰なんですか、その千葉の人は?



先生:記憶っていうのはExcelの表みたいにリストになっているわけじゃない。 様々な記憶が複雑な網の目になってるんだ

伊藤さんだったら、いろんな業績とか生い立ちとか見た目とか、あともっと個人的な印象とか感想とか、そういった記憶がネットワークになっている。 だから10年経っても忘れることがない。





マルオ:なるほど。


先生:一方前の首相は千葉県出身ぐらいの記憶しかない。 ネットワークは伊藤さんよりずっとシンプル。 だから10年経ったら忘れちゃうわけだ。












マルオ:なんか図が雑すぎないですか? 名前すら入ってない。


先生忘れたくないことは、とにかく記憶を増やせ。 これが鉄則だ。


マルオ:誰なんだ結局


つづく