倫理の学習で最初に手を付けるべき参考書

September 27, 2018

倫理の超強力な学習参考書は 参考書コーナーではなく、一般書籍の教養書コーナーにあったりする。それが「図解雑学 哲学」で、抽象的でわかりづらい哲学思想を図とイラストで視覚的に教えてくれる。これを一通り読み込むだけで、センター試験70%ぐらいは普通に行ける。また一橋とか筑波なんかで出てくる倫理の論述問題もかなり書きやすくなる。

 

宗教分野が苦手な人はついでに下の「図解雑学 宗教」を読んでおこう。あとは教科書の細かい語句をチェックしておけば倫理のセンター試験は完璧。

 

 

 

  経済・政治・法律関連も充実しているけど、こちらはあんまり大学入試の政経向けではないかな。政経はわかりやすい参考書が充実しているので、そっちから選んだほうがいいでしょう。

(僕は学生時代、教養の経済学の単位を「図解雑学 マクロ経済」で取ったので、そっち方面の対策ならおおいにオススメです)

 

 

 

 

記述対策の参考書ってあんまりないのだけど、これ、結構オススメ。 

前半はまあ普通だけど、後半がすごく役に立つ。

 

 

 

 

一般書って参考書と違って内容的にはムダが多いんだけど、意外とムダが成績アップには大事だったりする。

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

  • Facebook Black Round
  • Google+ - Black Circle
  • Twitter - Black Circle